オザキクリニッククリニカメディカ東京 目黒祐天寺院 院長

Dr.吉田の「究極のアンチエイジング」

プロフィール

吉田 靖志

Author:吉田 靖志
オザキクリニッククリニカメディカ東京 目黒祐天寺院 院長

どのようなお悩みでも、お気軽にご相談ください。私たちならきっとお力になれるはずです。

〈 経 歴 〉
1990年 金沢医科大学医学部 卒業
1992年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 総合診療科 入局
2004年 実家である桜桂会犬山病院 入局
2006年 大学に戻り点滴療法研究会に所属し、予防医療の知識を積む
2009年 予防医療クリニックである「クリニカメディカ東京」 開院
2013年 オザキクリニッククリニカメディカ東京 目黒祐天寺院 就任

〈 得意な施術 〉
予防医療、美容点滴、美容注射、サーマクール

オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
ご挨拶 (2)
予防医療 (18)
プライベート (1)
花粉症 (1)
たるみ (2)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2014/07/31

美人白書でコラムを更新していきます

美人白書サイトにてコラムを更新していくことになりました。
これまでさまざまなお話をさせていただきましたが、
こちらのブログで紹介できなかったものは今後以下サイトで紹介していきます。
これからはぜひ以下のサイトをご覧ください。

side-banner-99.gif
美人白書(http://www.beauty-book.jp/

美人白書サイトとは、お肌のさまざまなトラブルやボディケア、健康などについて幅広く情報提供をしているサイトです。
美容医療の視点で他のドクターたちもさまざまな解説やアドバイスを紹介していきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  

2014/07/18

知っていただきたい「がん」のこと

皆さん、こんにちは。

前回、喫煙とがんの関係性についてお話ししましたが、
喫煙者ばかりががんになるわけではありません。

国内のがん罹患数は増加し続けていて、2005年の時点で、
1975年の約3倍になっています。
女性の場合、罹患数がもっとも多いのは乳がんで、
日本人女性の14人に1人が乳がんになると言われています。

皆さんには、身近なこととして、
がんとその治療法について知っていただきたいので、
このブログでも少しずつお話ししていきますね。

実は、私たちの体の中では、
毎日約5000個もの細胞ががん化しています。
しかし、それが全てがんになるわけではありません。
体内に存在する免疫細胞がこれらがん細胞を排除することで、
発がんを抑えているのです。

免疫細胞にはいくつかの種類があり、それぞれに役割分担があります。
中でも「樹状細胞」は、
がん細胞を食べてリンパ球にがんの“目印”を教え、
がん細胞を攻撃するよう指令を出す司令官のような役割を果たしています。

近年、この「樹状細胞」の数を増やし、適切に働かせることで、
がんを治療する「樹状細胞ワクチン療法」が注目されています。
私たちの体にもともと備わっている免疫力を活かした治療法なので、
正常な細胞を傷つけることがほとんどなく、
また、副作用が少ないと言われています。

当院が「樹状細胞ワクチン療法」の技術提供を受けている
テラ株式会社の契約医療機関では、
約6,000もの症例実績があります(2012年9月末時点)。

photo_cancer6[1]

私は、「樹状細胞ワクチン療法」は抗がん剤治療に代わる
期待の治療法だと考えています!
詳しい治療の流れなどについては、また次回お話ししますね。

  

2014/06/30

喫煙が体に与えるコワイ影響

皆さん、こんにちは。

今回はちょっとコワイお話を。

先日、学会誌を読んでいたところ、
喫煙とがんの関係性をまとめた記事が目にとまりました。

がんにつながるさまざまな要因がある中で、
喫煙は、全がんのリスクを確実に高めることがわかっています。

af9920044943l.jpg

特に、喫煙が習慣化された状態は、
百害あって一利なしです!

その1・三大疾患のリスクが高まる

喫煙を続けていると、各臓器や組織に障害が起き、
さまざまな疾患が生じやすくなります。
特にがん・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)・
慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)は、
「喫煙関連三大疾患」と言われ、喫煙による影響が大!
厚労省のウェブサイトにも、喫煙男性は非喫煙者に比べて
肺がんによる死亡率が約4.5倍も高いと出ています。

その2・美と健康に不可欠な栄養が奪われる

ビタミンCは、コラーゲン生成促進や美白など、
美容効果で知られていますが、
免疫力を高めたり、フリーラジカルを除去して
発ガンリスクを抑えるなど、
健康維持にも大切な栄養素なんです。
それを喫煙で費やすなんてもったいない!

その3・ホルモンを低下させ老化を促進

喫煙により、女性ホルモン生成に必要な酵素が抑制され、
ホルモン分泌量が低下してしまいます。
女性ホルモンが低下すると、美しさや若々しさだけでなく、
心疾患リスクが高まるなど健康にも大きく影響することは、
以前にもお話しした通り!!

……他にも、まだまだあります!

また、喫煙により壊れてしまった肺胞細胞は、
もう元には戻りません。
できる限り早く禁煙することが、
ダメージを最小限に食い止める唯一の方法です。

今、喫煙できる場所もなかなかないですよね。
喫煙している方、またご家族が喫煙している方は、
これを機会に禁煙に取り組んではいかがでしょうか。

  

2014/06/21

他にはない!?画期的な老化撃退メニュー登場!!

皆さん、こんにちは。

W杯ギリシャ戦、痛恨のドロ~~!!
悔しい結果ですが、もう切り替えるしかないですね!
コロンビア戦では、ぜひ奮起してほしいです!!

さて今回、祐天寺院限定で、
この夏の目玉となるすごいキャンペーンが始まりますので、
ブログ読者の皆さんにいち早くご紹介します!

その名も、 老化撃退スペシャルコース!!

老化撃退スペシャルコース

このコースは、ホルモンが激減する40代以降の方を対象に、

ホルモンを補充して内側から若返りを図りながら、
お悩みに合わせた美肌治療を組み合わせることで、
総合的な老化撃退を可能にするという画期的なもの!!


さらに!何がすごいってそのボリューム!!

25~30歳のホルモン値に戻すことで、心身を若々しく!
◆総合ナチュラルホルモン補充療法◆

高周波で深層から肌を生まれ変わらせ、強力リフトアップ!
◆サーマクールCPT400◆

アンチエイジング・ホワイトニング・リフティングから選べる!
◆メディカルエステコース3回分◆

美肌・美白効果に加え、疲労回復、免疫力アップも!
◆高濃度ビタミンC点滴4回分◆

これらの施術をぜ~んぶ受けていただけます!!

実際の治療では、
まずカウンセリングと血液検査を行い、
検査結果が出たらホルモンの内服をスタート。
それ以降は、半年の間で自由に調整可能!
お悩みや来院ペースに合わせたプランを
オーダーメイドでご提案します。

たとえば、体調が悪い時に高濃度ビタミンC点滴を受けたり、
大切な予定の前だからメディカルエステを受けよう、なんていうのもOK!

エイジングケアに本気で取り組みたいという方はもちろん、
ホルモン補充療法が気になっているという方、
サーマクールやメディカルエステを試してみたいという方も、

断然おトクなので、コース受けちゃったほうがいいんじゃないかな?

まずはお気軽にお問合せくださいね!!

  

2014/06/16

生理前の便秘を防ぐ生活習慣

皆さん、こんにちは。

前回、PMSとホルモンの話をしましたが、
月経前というと便秘に悩んでいる方も多いようですね。

gf2160257701l (2)

ところで皆さん、
便秘の定義をご存知ですか??

学問的には、
その人なりのリズムで定期的に出ていれば、
3日に1度でも、1週間に1度でも、
それは便秘とはいいません。
そのリズムが滞った時にはじめて、
便秘ということになります。

便秘はいろいろな要素が重なり合って起きますが、
月経前のものは、ホルモンの影響も大きいです。

月経前に増える黄体ホルモンは、
妊娠に備えるために体内に水分をためようとする働きがあります。
大腸が水分を吸収するのを促進するので、
便の水分が減り、排出されにくくなります。

また、黄体ホルモンには、
腸のぜんどう運動を抑える働きもあるので、
より便秘になりやすくなります。

これらは、女性の身体を妊娠に備えた状態にするために
自然に起こることなので、うまくつき合う方法を考えましょう!

生活習慣を見直すことで、便秘はある程度改善できます。

◆食事
便を排出しやすくするために、
水分と食物繊維を積極的に摂りましょう!

◆運動習慣
運動すると、消化管の動きが良くなります。
健康のために、軽い運動を習慣にしましょう!

◆ストレス解消
腸に異常がないのに便秘や下痢をくり返す
「過敏性腸症候群」は、ストレスが一因といわれています。

「胃は心の窓」といわれる通り、
ストレスは消化器系に大きな影響を与えます。
溜め込まずに発散しましょう!

便秘になってから、薬などでムリに出そうとすると、
身体に負担がかかり、
脱水や電解質の不均衡などが起こる可能性もあります。

便秘になりやすい時期は特に、
まず、生活習慣に気をつけてみてくださいね!

  

オススメ情報

  • Dr.小﨑のエクセルエイジ入門
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
?